MENU

歯茎が腫れてきた!どうして?この先どうなるの!?

歯茎が腫れた!

歯茎が腫れてきて心配…

 

 

そう思って、このホームページを訪ねてきてくださったものと思います。

 

 

こんにちは、管理人のKumiです。(・∀・)

 

 

突然、歯茎が腫れてきたら、暗澹たる気持ちになりますよね。

 

 

たとえば、歯磨きをしているときに、強く磨きすぎて傷がついたとか、歯の治療で詰め物しているところが腫れてきたとかいったら、間違いなくバイ菌が入っているということは察しがつくと思います。

 

 

その場合は、とりあえず痛ければ痛み止めをのんで、すぐ歯医者さんに行けばいいですよね。

 

 

でも、痛くはないし、原因不明の腫れ…だったら、心配になるのは当然です…

歯茎が腫れの元凶は「歯周病菌」

このように痛くなくて、なんだか歯茎全体が腫れているようで、口の中も気持ち悪い…

 

 

このような場合は「歯周病」ですね。

 

 

歯周病は誰でもなりうる病気です。

 

 

人間は誰でも「虫歯菌」をもってますけど、その延長ですね。

 

 

口の中は細菌がいるんですが、口の中を不潔にしていた場合、体調が悪いと一気に細菌が繁殖するんです。

 

 

その繁殖した菌が「歯周病菌」です。

 

 

これが歯茎の腫れの元凶なんです。

毎日歯を磨いているのに…

普通の歯ブラシではダメです

「口の中が不潔なんてとんでもない!きちんと歯磨きしてるよ!」

 

 

って、あなたは憤慨されるかもしれません。

 

 

でも、普段の歯磨きでは「きれいに磨ききる」ってことは無理だと思っていいですよ。

 

 

食べかす「歯垢(しこう)」は相当細かいものです。どうしても磨ききれずに残るんです。

 

 

今まで歯茎が腫れなかったのは、単に細菌への抵抗力があっただけです。

 

 

本気で治すなら、まず歯垢を落としきることですね。

 

 

もしいままできちんと歯を磨いてきた自信がないという人は、いったん歯医者さんに行って、しっかり口内クリーニングしてもらうことです。

歯医者さんに褒めてもらえる!歯垢除去グッズとは

ただ、それでも、今までと同じような歯磨きの仕方をしていれば、歯茎の腫れから完全に解放されることはできないかもしれません。

 

 

歯医者さんから指導してもらう歯磨き方法も、結構大変ですし。

 

 

しばらく経てば、同じように腫れるかもしれません。

 

 

ですから、歯医者さん以上に歯垢を取ってしまう、歯垢除去グッズを普段から使いませんか?

 

 

当サイトでは、歯茎の腫れに苦しんだ私、Kumiが検証した歯垢を取りきるグッズを紹介しています。

 

 

歯茎の腫れの初期段階なら鎮められる?「KISS YOU(キスユー)」

 

キスユー

これ超有名なんですけど、知ってました?

 

「イオン歯ブラシ」の「KISS YOU」という商品です。

 

ドラッグストアでも売ってますね。(このサイトで紹介している商品でドラッグストアで買えるのはこの商品だけですよ)

 

それほど「安い」「大衆向け」商品ですが、かなりよい品です。

 

私が小学校の時からありますが、その時は通販でしか手に入らなかった商品です。

 

微弱電流の力で、歯垢の悩みを解決してくれるという、すごい歯ブラシなんですが…

 

 

フクバデンタルさんのイオン歯ブラシ「KISS YOU(キスユー)」をもうちょっと詳しく!

 

 

究極の歯ブラシ、「やまちや」さんのころころ歯ブラシ

 

ころころ歯ブラシ

やまちやさんの歯ブラシは究極の歯垢除去歯ブラシです。

 

歯垢は細かいので、普通の歯ブラシでは取りきれないのですが、ころころ歯ブラシなら超極細密集繊維が、残らず歯垢を除去します。

 

歯垢除去だけではありません。

 

ころころ歯ブラシには、口内の環境を大きく改善するための、さらなる効果があるのです…

 

 

やまちやさんのころころ歯ブラシをもうちょっと詳しく!

 

 

歯周病の末期の人でも光?救世主「デントール」

 

デントール

歯周病は歯と歯茎の間に「歯周ポケット」というものができます。

 

歯茎が衰えてしまって溝ができてしまうんですね。

 

その溝は、歯周病が進行するとどんどん深くなってしまうんです…
そうなると、歯医者さんでもしっかりクリーニングすることが不可能になってしまいます。

 

もうこうなるとどうしようもないんでしょうか…?

 

いえ、そんな重度の歯周病をも対応するグッズがあるんです。

 

あまり知られてませんが…

 

 

重度の歯周病の救世主「デントール」をもうちょっと詳しく!

 

 

歯周病菌を長時間寄せ付けない!歯磨きとは?

 

柿渋なたまめ歯磨き

歯周病菌は殺菌することは不可能じゃないんですが、口の中から完全になくすことはできません。

 

市販の歯磨き粉やマウスウォッシュだと、殺菌効果も弱いです。

 

でも、天然成分なのに、細菌をしっかり殺菌。

 

長時間効果が続く歯磨きはあります。

 

そういう歯磨きは歯医者さんも歯磨き指導に使ってますよね。

 

なお、ポイントはどれも「泡立ちが少ない」のに「すっきりする」ということもありますよ。

 

泡立ちが少なくて、長時間でも磨きやすい上に、ねばねば感を生み出す歯周病の殺菌力が強いからです。

 

やっぱり違うんですよね。いいものって。

 

そういった、歯周病の「治療」に適した殺菌歯磨きを掲載しています。

 

 

歯周病菌を長時間寄せ付けない殺菌効果の歯磨きとは?

歯茎の腫れだけじゃない!気になる部分を全部解決!薬用ホワイトニング

ホワイトニング

歯茎の腫れは、「歯周病」「歯槽膿漏」なわけですが、ショッキングなことに、日本の成人の8割が「歯周病」「歯槽膿漏」です。

 

 

もちろん、軽度の人もいますし、若くても重度の人がいますね。

 

 

たばこやお酒が多くて、歯をあまりきちんと磨いていない…

 

 

なんてことだと、20代でも深刻な歯周病だったりします。

 

 

でも、歯周病は、歯磨きを丁寧にして、しっかり歯垢を除去していくことが大切です。

 

 

一番の治療としては、歯磨きのためのいい道具をつかって、歯磨きをしっかりすれば、それほど悪化することはありません。

 

 

歯茎の腫れ以上に気になるのは、実は「口臭」「歯の色」じゃないでしょうか。

 

 

歯磨きをいくら丁寧にしても、「口臭」と「歯の色」はなかなか改善しないものですね。

 

 

特に歯の色は、沈着してしまっているので界面活性剤入りの歯磨き粉を使ってもダメなんです。

 

 

では、もう何ともならないのでしょうか。

 

 

隠すかない…? やっぱりプロのお医者さんに任せるしかないの…?

 

 

ブラッシングをしても「絶対に取れない」頑固な黄ばみを、「天然成分で」何とかしてしまう「薬用ホワイトニング」があったらどうですか?

 

 

しかも、

 

 

  • 「歯周ポケットの奥の歯周病菌を殺菌します。」
  •  

  • 「2、3日ごとの使用でOK!」
  •  

  • 「美容歯科に通った並みに白い」

 

 

こんなのあったら知りたいですよね。

 

 

こんなことを実現する、「自宅でケアできるホワイトニング」が1つだけあります。

 

 

「絶対に取れなかった」頑固な黄ばみを自宅でケアできる薬用ホワイトニング