MENU

歯茎が腫れてきた!どうして?この先どうなるの!?

歯茎が腫れた!

歯茎が腫れてきて心配…

 

 

そう思って、このホームページを訪ねてきてくださったものと思います。

 

 

こんにちは、管理人のKumiです。(・∀・)

 

 

突然、歯茎が腫れてきたら、暗澹たる気持ちになりますよね。

 

 

たとえば、歯磨きをしているときに、強く磨きすぎて傷がついたとか、歯の治療で詰め物しているところが腫れてきたとかいったら、間違いなくバイ菌が入っているということは察しがつくと思います。

 

 

その場合は、とりあえず痛ければ痛み止めをのんで、すぐ歯医者さんに行けばいいですよね。

 

 

でも、痛くはないし、原因不明の腫れ…だったら、心配になるのは当然です…

歯茎が腫れの元凶は「歯周病菌」

このように痛くなくて、なんだか歯茎全体が腫れているようで、口の中も気持ち悪い…

 

 

このような場合は「歯周病」ですね。

 

 

歯周病は誰でもなりうる病気です。

 

 

人間は誰でも「虫歯菌」をもってますけど、その延長ですね。

 

 

口の中は細菌がいるんですが、口の中を不潔にしていた場合、体調が悪いと一気に細菌が繁殖するんです。

 

 

その繁殖した菌が「歯周病菌」です。

 

 

これが歯茎の腫れの元凶なんです。

毎日歯を磨いているのに…

普通の歯ブラシではダメです

「口の中が不潔なんてとんでもない!きちんと歯磨きしてるよ!」

 

 

って、あなたは憤慨されるかもしれません。

 

 

でも、普段の歯磨きでは「きれいに磨ききる」ってことは無理だと思っていいですよ。

 

 

食べかす「歯垢(しこう)」は相当細かいものです。どうしても磨ききれずに残るんです。

 

 

今まで歯茎が腫れなかったのは、単に細菌への抵抗力があっただけです。

 

 

本気で治すなら、まず歯垢を落としきることですね。

 

 

もしいままできちんと歯を磨いてきた自信がないという人は、いったん歯医者さんに行って、しっかり口内クリーニングしてもらうことです。

歯医者さんに褒めてもらえる!歯垢除去グッズとは

ただ、それでも、今までと同じような歯磨きの仕方をしていれば、歯茎の腫れから完全に解放されることはできないかもしれません。

 

 

歯医者さんから指導してもらう歯磨き方法も、結構大変ですし。

 

 

しばらく経てば、同じように腫れるかもしれません。

 

 

ですから、歯医者さん以上に歯垢を取ってしまう、歯垢除去グッズを普段から使いませんか?

 

 

当サイトでは、歯茎の腫れに苦しんだ私、Kumiが検証した歯垢を取りきるグッズを紹介しています。

 

 

歯茎の腫れの初期段階なら鎮められる?「KISS YOU(キスユー)」

 

キスユー

これ超有名なんですけど、知ってました?

 

「イオン歯ブラシ」の「KISS YOU」という商品です。

 

ドラッグストアでも売ってますね。(このサイトで紹介している商品でドラッグストアで買えるのはこの商品だけですよ)

 

それほど「安い」「大衆向け」商品ですが、かなりよい品です。

 

私が小学校の時からありますが、その時は通販でしか手に入らなかった商品です。

 

微弱電流の力で、歯垢の悩みを解決してくれるという、すごい歯ブラシなんですが…

 

 

フクバデンタルさんのイオン歯ブラシ「KISS YOU(キスユー)」をもうちょっと詳しく!

 

 

究極の歯ブラシ、「やまちや」さんのころころ歯ブラシ

 

ころころ歯ブラシ

やまちやさんの歯ブラシは究極の歯垢除去歯ブラシです。

 

歯垢は細かいので、普通の歯ブラシでは取りきれないのですが、ころころ歯ブラシなら超極細密集繊維が、残らず歯垢を除去します。

 

歯垢除去だけではありません。

 

ころころ歯ブラシには、口内の環境を大きく改善するための、さらなる効果があるのです…

 

 

やまちやさんのころころ歯ブラシをもうちょっと詳しく!

 

 

歯周病の末期の人でも光?救世主「デントール」

 

デントール

歯周病は歯と歯茎の間に「歯周ポケット」というものができます。

 

歯茎が衰えてしまって溝ができてしまうんですね。

 

その溝は、歯周病が進行するとどんどん深くなってしまうんです…
そうなると、歯医者さんでもしっかりクリーニングすることが不可能になってしまいます。

 

もうこうなるとどうしようもないんでしょうか…?

 

いえ、そんな重度の歯周病をも対応するグッズがあるんです。

 

あまり知られてませんが…

 

 

重度の歯周病の救世主「デントール」をもうちょっと詳しく!

 

 

歯周病菌を長時間寄せ付けない!歯磨きとは?

 

柿渋なたまめ歯磨き

歯周病菌は殺菌することは不可能じゃないんですが、口の中から完全になくすことはできません。

 

市販の歯磨き粉やマウスウォッシュだと、殺菌効果も弱いです。

 

でも、天然成分なのに、細菌をしっかり殺菌。

 

長時間効果が続く歯磨きはあります。

 

そういう歯磨きは歯医者さんも歯磨き指導に使ってますよね。

 

なお、ポイントはどれも「泡立ちが少ない」のに「すっきりする」ということもありますよ。

 

泡立ちが少なくて、長時間でも磨きやすい上に、ねばねば感を生み出す歯周病の殺菌力が強いからです。

 

やっぱり違うんですよね。いいものって。

 

そういった、歯周病の「治療」に適した殺菌歯磨きを掲載しています。

 

 

歯周病菌を長時間寄せ付けない殺菌効果の歯磨きとは?

歯茎の腫れだけじゃない!気になる部分を全部解決!薬用ホワイトニング

ホワイトニング

歯茎の腫れは、「歯周病」「歯槽膿漏」なわけですが、ショッキングなことに、日本の成人の8割が「歯周病」「歯槽膿漏」です。

 

 

もちろん、軽度の人もいますし、若くても重度の人がいますね。

 

 

たばこやお酒が多くて、歯をあまりきちんと磨いていない…

 

 

なんてことだと、20代でも深刻な歯周病だったりします。

 

 

でも、歯周病は、歯磨きを丁寧にして、しっかり歯垢を除去していくことが大切です。

 

 

一番の治療としては、歯磨きのためのいい道具をつかって、歯磨きをしっかりすれば、それほど悪化することはありません。

 

 

歯茎の腫れ以上に気になるのは、実は「口臭」「歯の色」じゃないでしょうか。

 

 

歯磨きをいくら丁寧にしても、「口臭」と「歯の色」はなかなか改善しないものですね。

 

 

特に歯の色は、沈着してしまっているので界面活性剤入りの歯磨き粉を使ってもダメなんです。

 

 

では、もう何ともならないのでしょうか。

 

 

隠すかない…? やっぱりプロのお医者さんに任せるしかないの…?

 

 

ブラッシングをしても「絶対に取れない」頑固な黄ばみを、「天然成分で」何とかしてしまう「薬用ホワイトニング」があったらどうですか?

 

 

しかも、

 

 

  • 「歯周ポケットの奥の歯周病菌を殺菌します。」
  •  

  • 「2、3日ごとの使用でOK!」
  •  

  • 「美容歯科に通った並みに白い」

 

 

こんなのあったら知りたいですよね。

 

 

こんなことを実現する、「自宅でかんたんにケアできるホワイトニング」があります。

 

 

「絶対に取れなかった」頑固な黄ばみを自宅でケアできる薬用ホワイトニング一覧

 

 

口内の口臭対策に一番いいのは歯磨きです。でもいつも磨ける場所にいるとは限りません…

 

口臭の最も大きな原因は歯周病菌と言われています。

 

 

歯周病菌は歯茎の腫れを引き起こすひとつの原因でもありますね。

 

 

その口臭の原因に占める割合はなんと90%にも上ります。
(この分の根拠になる画像を掲載しています。詳しくは下のリンクのページをご覧ください。)

 

 

というわけで、口臭予防には、食後に毎回歯磨きして、きちんと口内の食べかすを除去するのが良いのですが、いつも歯を磨ける場所にいるわけではないということがネックだと思います。

 

 

上に掲載したホワイトニングも、基本、歯ブラシを使いますしね。

 

 

外出して歯を磨ける環境にいないことが多い…そんな方には市販のブレスケア!

 

 

が手頃でよいんですが。(;´∀`)

 

 

ただ、その効果に満足できないという方もいらっしゃるでしょう。

 

 

実際、効いているかどうかわからない、効いている時間が短い?とか。

 

 

そのような方に、お勧めの天然成分、特許成分で企画された「口臭消臭スプレー、タブレット」を掲載しています。

 

口臭消臭タブレット

尚、「口内はきちんとケアしているけど、臭いを指摘されてしまった…」というかたは口内ケアだけでは不十分と感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

そのような方に最適な口臭のみならず、体臭の原因を体内からケアする「体内消臭サプリ」も一緒に掲載しています。

 

 

口臭消臭スプレー・タブレット及び口臭から体臭までカバーするサプリ

 

 

 

2017/07/01 12:39:01 | その他口内ケアについて
こんにちは、Kumiです。私の運営するホームページに「エタノールで歯を白くできるか?」と検索してこられた方がいらっしゃいます。今日はこれについて書いていきます。結論からいうと、主に歯を汚しているのは、色が濃い食べ物の色素が歯の象牙質に沈着していたりするからですが、これをエタノールで白くするなんていうのは無理でしょう。エタノールは色素を分解するような性質はありません。色素を分解するには、酵素的な性質を持つ成分が必要で、これはビタミンCなど、栄養素が代用になったりもしますが、エタノールは栄養でもないので色素を落とすような働きは全くないですね。美容製品のホワイトニング剤にもしエタノールが入れられてい...
2017/06/06 13:51:06 |
こんにちは、Kumiです。今日は口臭予防をはじめとしたアイテム及び「体の臭い」に対するアイテムをいくつか紹介します。以前にこのホームページに口臭は歯周病菌を殺菌すれば止まるの?という記事を書いたんですが、その内容としては・口臭の最も大きな原因は「舌苔(ぜっけい)」だということ。また、・口臭検査・診断・治療を求めて歯医者さんに来院する患者さんは約1/3が口腔内の清掃状態不良に伴う口臭(生理的口臭)、1/3が口腔内の病気(歯周病)に由来する口臭ということということで、とにかく歯周病菌の原因を除去するしかないよ。ということでした。そのためには「歯垢をできる限り除去しきる歯ブラシ」「歯周病菌を殺菌する...
2017/04/25 14:49:25 |
歯茎が腫れて悩んでいる方。ひょっとしたら、口内がかなり弱っているのかもしれませんね。日本人の成人の8割が歯周病だといいますけど、子どものころ虫歯ができた人は、ほとんど100%歯周病といってもいいと思います。成人でなくても、歯周病にはなります。歯周病は歯周病菌によって、歯茎がダメージを受けて、後退したり、腫れたり、うっ血したりするんですが、それ以前に、歯周病菌のもとになる「歯垢」がなかなか取れないことが問題ですよね。歯垢は口内で腐敗するので、口臭になります。実は口臭の原因は、かなりウエイトを歯周病菌による「歯垢の腐敗」が占めています。これまでずっと書いてきたように、歯周病菌を繁殖することは、丁寧...
2017/02/27 16:25:27 | その他口内ケアについて
こんにちはKumiです。私の運営するホームページに「アルコールでも歯と歯茎の消毒になる?」という検索で来られた方がいらっしゃいます。今日はそれについて書いていきます。アルコールは歯や歯茎の消毒にはなりません…相当な濃さなら消毒になるかもしれないですが、濃いのはまずいですよね?ちなみにアルコールっていうのは、エタノール(エチルアルコール)やメタノール(メチルアルコール)、イソパノール(イソプロピルアルコール)などの「総称」ですから。成分ですからね。ちなみに、歯と歯茎というか、口内全体を消毒するアルコール成分の入った口内洗浄液は普通に市場を形成していますから、そちらを使えばよいのではないですかね。...
2017/02/02 17:12:02 | その他口内ケアについて
こんにちは、Kumiです。私の運営するホームページに「口臭 ジスロマック」というフレーズで検索してこられた方がいらっしゃいます。これってジスロマック(アジスロマイシン)で口臭を抑えたいということなんでしょうか?ジスロマックのページ口臭のもとは歯周病菌だと思ってらっしゃるんでしょう。確かにジスロマックは歯周病菌の増殖のもととなるたんぱく質の合成を阻害するので、歯周病菌をなくすという効果がありますけども、口臭を断つためにジスロマック(アジスロマイシン)を飲むというのは安易過ぎですね。安易にジスロマックを使おうとするのはリスクがありすぎます。耐性菌が生まれるリスクです。ジスロマックは、歯周病菌だけに...
2017/01/13 18:03:13 | その他口内ケアについて
こんにちは、Kumiです。私の運営するホームページに「歯の磨きすぎはいけない」というフレーズで検索してこられた方がいらっしゃいます。今日はこれについて書いていきます。私はこのホームページでは事あることに「歯を磨きましょう」と言っています。歯は、毎食後、間食後のたびに磨いていいものです。でも歯を磨きすぎてはいけない、という意見もあります。昔から「歯を磨きすぎてはいけない」とはよく聞きました。ただ、それは歯を磨くことがいけないのではなく、「研磨剤をつけすぎてはいけない」「力を入れすぎて磨いてはいけない」ということを言っているだけなのです。正しくは力を入れすぎることで、歯茎を傷つけたり、研磨剤が効き...
2016/12/23 01:11:23 | 口内トラブルについて
こんにちは、Kumiです。私の運営する口内環境のことを中心に書いたホームページに「kiss you 歯ブラシ 黄ばみとれる?」というフレーズで検索してこられた方がいらっしゃいます。今日はこれについて書いていこうと思います。残念ながら、「kiss you 歯ブラシ」だけでは十分に黄ばみはとれません。それどころか、歯ブラシだけで、黄ばみがしっかりとれるというものはないと思います。それがなぜかというと、黄ばみというのは歯の奥まで浸透してしまっているからです。そう、お茶の黄ばみやたばこのヤニは、歯の奥まで入り込んでいる可能性があるんです。これは、汚れが象牙質を透過して汚しています。さらにこれらの汚れと...
こんにちは、Kumiです。私の運営するホームページには「乳酸菌で歯槽膿漏(歯周病)が治るのか」といったような検索フレーズで来られる方が何人もいらっしゃいます。乳酸菌と言ってもたくさんの種類がありまして、それこそ数千種類もあるといわれます。乳酸菌という言葉は、なんだか、牛乳をイメージして、乳を発酵させたもののような、そういうイメージがありますよね。それはその通りなのですが、実は、歯茎に、歯周病菌に「特に」作用するんじゃないかというものは種類が違うんです。牛乳を発酵させたものではないですよ。※ちなみに、プレーンヨーグルトに入っているLB81乳酸菌なども歯周病対策になるとは言われています。歯磨きをし...
2016/11/30 13:06:30 | 口内トラブルについて
こんにちは、Kumiです。私の運営するホームページに「歯茎が黄色い」という検索フレーズで来られた方がいらっしゃいます。今日はそれについて書いていきます。歯茎が真っ黄色になることはありませんけど、健康なピンク色が薄い山吹色のような黄色に変化しているということですよね?それ、膨らんでいるんじゃないでしょうか。それは多分膿袋でしょうね。膿が溜まってしまっていると思います。痛みは「痛い」と感じるほどではなくて、触ったらちょっとヒリつくかな?位だと思います。が、口内なのでちょっと膨らんでいるだけでもすごく気になると思います。これは膿がたまっている可能性がたかいですよね。歯医者さんに行かなくてはどうにもな...
2016/11/08 02:42:08 |
こんにちは、Kumiです。私の運営するホームページには「歯周病 乳酸菌」と検索してくる人が多いです。歯周病を乳酸菌で直したいということなんでしょうかね。そうですね、歯周病菌や虫歯菌に対抗する、という意味での乳酸菌製品があります。日々のブラッシングに問題を抱えている方の歯みがき補完に最適です。下におすすめのものを記載しましたのでご覧ください。口内の常在菌は善玉の乳酸菌と悪玉の乳酸菌がある。口内は腸内環境と同じように口内にいる常在菌は善玉の乳酸菌と悪玉の乳酸菌があります。口内環境を悪化させているのは悪玉の乳酸菌で、それを撃退し、繁殖を抑えるのが善玉の乳酸菌というわけです。乳酸菌の定義というのは特定...