舌ブラシの使いすぎに注意!

舌ブラシの使い方、使いすぎには注意が必要。

こんにちは、Kumiです。

 

 

以前に歯周予防、口臭関連の記事で「舌苔」について書きました。

 

 

 

口臭は歯周病菌を殺菌すれば止まるの?

 

 

 

厚生労働省の健康ホームページ「ヘルスネット」に口臭について書かれているなかで、「口臭の原因は舌のウエイトが大きい」ということを紹介しました。

 

 

舌の表面にできる厚い白、黄色の汚れ。

 

 

これは舌苔と言われ、食べかすのほか、はがれた細胞が集まってできている汚れです。

 

 

この汚れには、口内の細菌、歯周病菌が集まっていて、バリアを張ってしまっている状態ということですね。

 

 

歯をきれいに磨いて、食べかすを大体きれいにしても、この大物があれば、口内環境はなかなか良くならないわけです。

 

 

そこで、上のページで舌苔をとるという舌ブラシを紹介しました。

 

 

ですが、舌ブラシの使い方、使いすぎには注意が必要です。

 

 

実際、舌茎が溜まっているという人は多くはないです。舌ブラシを使う必要がない程度の人が多いと思います。

 

実は実際、舌茎が溜まっているという人は多くはありません。

 

 

ほとんどの人はうっすら舌の表面が白がかっている程度でしょう。

 

 

下の舌が健康的な人の写真のように。

 

 

舌苔比較

 

※こちらの写真は 「舌が白い原因は舌苔!舌苔除去で口臭予防する方法!/お口のお悩みドットコム」 より引用させていただいています。

(上記の飛び先のサイトはデータ送信の保護のためのSSL化がされていないサイトです。データ送信の保護をしている当サイトから移動すると保護されていないと注意が出るブラウザがございます。
ただし、問題なのは飛び先のサイトで個人情報などを送信する場合であって、閲覧のみする分には特に安全に問題はありません。)

 

 

これだと、ほとんど苔むした状態になんてなっていないんですね。

 

 

舌の表面はざらざらしているのはご存じかと思いますが、このざらざらは舌の表面が平らでないことを表しています。

 

 

「舌乳頭」という突起がある状態です。

 

 

舌の表面は「味覚」を感じる部分ですので、とてもデリケートな作りになっています。

 

 

そして、汚れもたまりやすい構造になっているのはたしか。

 

 

ただ、この舌乳頭はとても細かいので、そこまで汚れが分厚く積もりません。

 

 

なので、本来なら舌ブラシを使うほどでもなく、歯磨きの際のうがい、あとは唾液と口の中で無意識に舌を動かすことでほとんど汚れはとれてしまうのです。

 

 

唾液には殺菌作用がありますし、汚れを浮かせるという役目もありますからね。

 

 

それなのに、舌ブラシでつよくこするということをすると、舌が損傷し、一転舌の免疫力が低下して歯周病菌がたまりやすくなり、かえって口臭の原因になってしまう恐れがあります。

 

 

ただ、味の濃い食事などをすると舌に汚れがたまりやすくなりますし、外出していたりして歯磨きがなかなかできる機会がないと、歯周病菌が増えてしまうので舌にも歯周病菌が溜まっていってしまい、気持ち悪くなりますよね。

 

 

そのような「やっと歯が磨ける」いう状態の時は舌にもいくらか汚れがたまっていると思いますが、せいぜい「弱く撫でる」程度が正解です。

 

 

できたら、硬い舌ブラシでなく、柔らかくて、舌乳頭を傷つけないことをきちんと考えているものを使うべきでしょう。

 

 

まあ、もちろん、市販の舌ブラシは大体そのあたりのことを考えているのですけども、それでも舌ブラシが原因で舌苔がついている人が以外に多いそうなので、使いすぎなんでしょう。

 

 

舌の歯周病菌除去は唾液が中心。タブレット剤などを活用するのがお勧めです。

 

上にも書きましたが、このような状態のときでも歯磨きをして、最後口内を水ですすぐと、あらかた舌の汚れも取れてしまっていますしね。

 

 

このように、舌ブラシをつかって舌をクリーニングするには限界があります。

 

 

無理にすると舌の表面を傷つけてしまい、舌自身の免疫力が落ちてしまいます。

 

 

歯や歯茎周辺の歯周病菌除去は歯磨きして食べかすを物理的に除去するのが正しいのですが、舌はなかなか思うようにできません。

 

 

よって、舌の歯周病菌除去は唾液が中心になります。

 

 

そして、唾液を舌に絡ませられるものとして、タブレットの存在があります。

 

 

「歯みがきして、表面上の舌の汚れをさらっと取ったら」、あとは「殺菌成分入りのタブレットを舐めて唾液をしっかり分泌する。」

 

 

それが舌の「健康的なクリーニング」には一番よいのかなと思います。

 

 

私のお勧めのタブレットは下に上げています。

 

 

ところで、明らかに舌苔の厚みがあるというような人は、一度歯医者さんに相談にいかれたほうがよいですよ。

 

 

舌苔が厚くなると、除去には一般の方法では難しくなりますからね。

 

 

舌ブラシの使いすぎかもしれませんし、きちんとお医者さんのアドバイスをもらったほうがよいです。

 

 

原因は口内以外のところにもある可能性が高いです。ですが、まずはいちど口内をしっかり診察してもらうのを優先し、その結果を踏まえて口臭の原因と対策をしっかり考えたほうが良いと思います。

 

 

※Kumiのお勧めです。殺菌成分入りのタブレット。

 

京都やまちやさんの人気口臭予防タブレット。森永乳業の口臭予防のための特許成分「オーラバリア」配合!

オーラルデント


★安心の優良企業・森永乳業の口臭予防のための特許成分「オーラバリア(ラクトフェリン+ラクトパーオキシダーゼ)」を主力成分にしたタブレット錠


★口臭の原因は実は食後の舌に溜まる、飲料で流すのでは取れない食べかすに雑菌が繁殖する「舌苔(ぜっけい)」が60%も占めるとされます。オーラバリア成分自身が臭いのもとを殺菌するだけでなく、唾液の分泌も促して殺菌


★クリアレモン味。森永乳業の「オーラバリア」と味はレモンミント味。味は同じかな?パッケージが違うだけっぽいですね…でもなぜか「オーラルデント」のほうが安いですね。森永乳業さんに販売委託を依頼されているのかもしれませんね。


参考:森永乳業「森永オーラバリア」公式ページ


定期便はいつでも変更・休止可能なのに10%OFFとなるのでお勧めです。


「オーラルデント」の公式サイトで詳細を確認

※当サイトのおすすめ口内ケアグッズを掲載しているページへのリンクはホーム(トップページ)にあります。↓

ホームへもどる


 

page top