歯茎の腫れを治すには具体的にどうしたらいい?

まず、歯医者さんで歯石を取ろう!

歯茎の腫れを治すにはどうしたらよいでしょうか。

 

 

もし歯茎が腫れてるのに、痛くないよという場合ですが、これは体調が戻ればいったん元に戻る場合が多いです。

 

 

ですが、体調が悪い場合はまた歯茎の腫れは再燃します。

 

 

そうやって、どんどん悪くなっていくんですよ(´д`ι)

 

 

痛くはないからと、ほおっておくと、膿がたまってしまう、第2段階に入りますから、まずは歯医者に行ったほうがよいのですね。

 

 

というのは、歯石がついているかもしれないからです。

 

 

歯磨きがうまくいかないと、ずっと同じところの歯垢がとれなくて、固まります。石みたいになります。

 

 

これは聞いたことありますよね。

 

 

でも、歯石って自分ではなかなか取れません。

 

 

自分でそこがうまく磨けない、歯ブラシをうまく動かしてそこにたどり着けないから、歯石になったのですからね。

 

 

うまくとれないのは当然ですね。

 

 

それに、自分でやると力加減がわかんないんで、ヘタしたら、歯肉を傷つけるかもしれないですから。

 

 

歯医者さんにやってもらわないとダメな部分です。

 

 

基本的には、それに合わせて、歯医者さんが徹底したクリーニングをしてくれます。

 

 

あとは看護師さんが歯磨き指導してくれます。

 

 

この歯磨き指導ですが、え、そこまでやんなきゃダメなの?ってくらい長時間歯磨きしましょうと言われます。

 

 

もちろん、研磨剤入りの歯磨き粉を使わないでですよ!

 

 

それで、しっかり歯垢が取れて、細菌が繁殖しないようになれば、徐々に健康な歯肉はもどってきます。

 

 

家で理想的な歯磨きを行うにはどんな条件が必要か

 

ただですね、問題は、歯医者さんに歯垢のクリーニングにずっとかからなくてはならないこと。

 

 

そして、やっぱりうちに帰ったら、なかなか歯医者さんで教わった通りには歯が磨けないことですね。

 

 

人間は歯の磨き方でも、どこかにくせがありますから、やっぱり、歯垢は残るところには残ってしまうものです。

 

 

磨き残しを気にして、ムキになって磨くと、腕に力が入ってしまいます。そうすると、歯茎を傷つけたり、歯ブラシをさっさと傷めるだけで、磨き残しの原因となります。

 

 

ここで、歯茎の腫れつまり歯周病をしっかり治すために、家での歯磨きはどんな条件が必要か考えてみましょう。

 

 

  • 歯垢をすべて除去できること。
  •  

  • 歯茎の血行をよくし、唾液がしっかり出て、舌などにも細菌が繁殖しない状態にする
  •  

  • 歯垢が残りやすい「歯周ポケット」というところの歯垢も除去できる

 

これだけのことがひつようです。

 

 

2番目の歯茎の血行をよくするという件ですが、歯周病の歯茎は極度に血行も悪くなるそうです。なので、超極細の繊維をもった歯ブラシで、しっかりマッサージするようにしてあげるといいんですね。

 

 

これについては当サイトでもいい歯ブラシを紹介しています。

 

 

また、3番目の歯周ポケットの歯垢も取りきるということですが、歯周ポケットについて言っておきますね。

 

 

歯周ポケットというのは、歯と、歯茎との隙間のことで、歯周病になると、この隙間がどんどん広がっていくんですね。

 

 

つまり「深く」なります。

 

 

4ミリとかになったら深すぎです(´д`ι)

 

 

で、この隙間には歯垢がたまるんですが、普通の歯ブラシが入りにくいので、また磨きにくいわけです。

 

 

で、この部分を残すから、歯周病が進行します。

 

 

いたちごっこになってしまうんです。

 

 

理想的な歯磨きができる、歯垢除去専用グッズを使えば治しきれる!

 

そこで、私が見つけた歯ブラシ、すごかったんです。

 

 

あと、究極は水が出るジェットノズルがついた歯ブラシなんですが、なんとこれ、歯周ポケットの奥の奥に届いてマジで歯垢、取りきってしまいます。

 

 

これ、魔法のようなんで、歯医者さんにも「なにがあった」みたいにキツネに包まれた顔してましたよ。

 

 

うーん、もっと広がってほしいんですがね~

 

 

あ、あと、細菌の繁殖を抑える歯磨きも必須ですね。

 

 

歯垢を取りきる、細菌を抑える。

 

 

このダブルワークで、歯医者さんでも治しきれない歯周病を、いったん治しきれます。

 

 

これらのおススメグッズいったんトップページを見てください。

 

 

歯垢除去グッズ紹介をしているトップページはこちら

 

 

痛みがある場合は歯周病じゃないかも

 

ちなみにですね、腫れて、痛みがある場合ですけど、これ歯周病意外にもいろいろ原因が考えられます。

 

 

むしろ、歯周病意外といった可能性が高いですね。たとえば歯医者の治療の詰め物に細菌がはいって炎症を起こしたとか。

 

 

歯医者さんは、日本にはコンビニより開業医が多いと言われるので、腕がピンキリすぎます。

 

 

処置の不良というのは十分考えられますので、処置後に腫れて痛いと行った場合は、歯医者を替えて行ってみるというのがいいでしょう。

※当サイトのおすすめ口内ケアグッズを掲載しているページへのリンクはホーム(トップページ)にあります。↓

ホームへもどる


 

page top